年末年始のご案内
七五三のご案内
清瀧神社ブログ

授与品の紹介

正月限定授与品


祈祷神璽(小)

初穂料1,500円

本来は、祈祷を受けられた方の御神札です。

◎「家内安全」の第一歩は、まず神棚へ「伊勢神宮の御神札(神宮大麻)」と氏神(産土)さまの御神札をおまつりし、ご家族皆さまで手を合わせることから始まります。

神  璽(大) 

初穂料1,500円

神宮大麻

初穂料800円

全国の総氏神さまとして仰がれております、伊勢の神宮の御神札です。神棚(3つ扉のついているもの)の中央へおまつりします。

神  札

初穂料800円

当社の御神札です。氏子地域の方は、神棚の向って右側へおまつりします。 御神札は一年ごとに新しいものをお受け下さい。

切  札

初穂料300円

柱などに貼っていただく御神札です。

商売繁盛 「御 札」

初穂料1,000円

仕事御守

初穂料600円

勝 守

初穂料600円

この御守はあらゆる困難を乗り越え、すべての物事に勝運を得られるように祈念してあります。

旅行安全御守

初穂料500円

病気平癒御守

初穂料500円

御  守

初穂料600円

肌  守

初穂料500円

お財布や定期入れなどに入れて常にお持ち下さい。

「健  康」 御 守

初穂料500円

「安産・子宝」 御 守

初穂料800円

当社の狛犬がモチーフとして奉製いたしました、安産の御守です。

「合格祈願」 御 守

初穂料500円

「学業成就」 御 守

初穂料500円

御  守

初穂料500円

「交通安全」 御 守(大)

初穂料800円

「交通安全」 御 守(鈴・吸盤付き)

初穂料700円

「交通安全」 御 守(和紙柄)

初穂料500円

通学されるお子様などにもランドセルなどにつけてお持ちいただくことをお勧めいたしております。

「交通安全」車 用 ステッカー

初穂料700円

【縁結び】根 付 御 守

初穂料800円

ご夫婦や恋人同士など、お揃いでお持ちになることもお勧めいたしております。

開運・厄除カード御守

初穂料500円

【大祓詞】 カード型 御 守

初穂料500円

古来より、あらゆる罪や穢れを祓う力があるとされる「大祓詞」が印字されたもので、災難除けの御守としてもお勧めいたしております。 

方位除御守

初穂料500円

厄除御守

初穂料500円

清瀧神社絵馬

初穂料600円

◎ 御神札や御守は一年経ちましたら、神社へ納め、新しいものをお受け下さい。

※年末には歳神様(神宮大麻・神社大麻・晦日祓・荒神様)を社頭でも頒布しております。
 神棚の御神札はなるべく旧年中にお取替えいただくことをご案内しております。

※その他、毎年お正月には縁起物として「破魔矢・かぶら矢・土鈴・干支の絵馬」なども授与所にて頒布いたしております。

お札の祀り方(説明)

神棚のお札は、基本的に右のようにおまつりします。中央には伊勢の神宮のお札、向かって右側には産土(氏神)神社のお札、左には崇敬している神社のお札が入ります。
また、お札の入る箇所が一つしかない神棚の場合は、上から「神宮大麻」「氏神様」「崇敬神社」の順で入れておまつりします。

語句の説明

「産土神社」
その方の昔から住んでいる土地の神さま。または、生れたところの神さまです。今日では同じ意味合いで「氏神神社」という語も使用されています。
「神宮大麻」
伊勢の神宮のお札です。伊勢の神宮は日本の大親神さまとして、全てに恵みを与えてくれる神さまです。また、全国の総氏神と仰がれているため、必ず、神宮大麻を氏神さまのお札と併せておまつりください。
「崇敬神社」
氏神さまとは別に特に崇敬を寄せている神社から受けたお札は、神棚の向かって左側へおまつりします。
「晦日祓(みそかっぱらい/みそかばらい)」 〈歳神様〉
基本的には、盗難除けのお札。神棚ではなく、玄関の外側に貼っておまつりします。また、大晦日にはお札の中に入っている幣束を取り出して、家族や家中をお祓いします。お祓いした後は、またお札の中へ幣束を納めて下さい。
「荒神様(こうじんさま)」〈歳神様〉
火の神さまです。晦日祓同様、本来は神棚ではなく、台所でおまつりいただくものです。

よくある質問

Q、お札はどのくらいの期間おまつりすればいいのですか?
A、お札やお守りは一年間おまつりを頂きまして、一年経ちましたらまた神社へお納めください。
Q、神棚のお供え物はどうしたらいいのですか?
神社では神職が毎日神さまへお供えをしていますが、一般家庭では毎日お供え物を交換するのが難しいという方もいらっしゃると思いますので、そうした場合には、そのご家庭で、例えば毎月一日、十五日に交換するとかきまりを設けることもお勧めします。
Q、お札を覆っている薄い紙は剥がしてしまってもいいのでしょうか?
A、大丈夫です。こちらはお札が皆様方のご家庭に着くまでに穢れてしまわないように、お札を包んでいるものですので、お札をおまつりする前に剥がしていただいても結構です。
Q、祈祷などを受けた際にいただいた木札などは神棚で一緒に置いてもいいのでしょうか?
A、もちろん、祈祷などを受けられた際に頂いたお札も神さまの分霊を戴いているものですので神棚の脇などに置いておまつりください。
Q、神棚が自宅にないのですが、どうしたらいいのでしょうか?
A、自宅に神棚をお持ちでない方のために、当社ではお札立て(初穂料500円)をご用意致しております。お札立ての場合のお札の祀り方は一社式の神棚と同様になります。  また、お札立てはあくまでも臨時のものですので、神棚を購入する事をお勧めします。
Q、お札はどちら向きにおまつりすればいいのですか?
A、お札の正面が、「南」か「東」を向くようにしておまつりしてください。

歳神様(としがみさま)について

歳神様とは、主に浦安の元町地域(清瀧神社は「堀江地区、他」、豊受神社は「猫実・北栄地区、他」、稲荷神社は「当代島地区」)に対して毎年各神社から頒布している「お札のセット」のことを指します。 中には、@神宮大麻 A神社大麻 B晦日祓 C荒神様が一揃えになって入っています。

歳神様

初穂料2,000円


※神棚のお祓い(初穂料5,000円/神宮大麻・神社大麻授与)も受付いたしております。新たに購入された神棚は、一度神社へ持ってきてお祓いをすることをお勧めいたして居ります。御用の方は、神社々務所までお気軽にお問合せ・ご相談下さい。

※神棚のお祓いの当日には、新しい神棚をお持ちください。祭典後に御神札(神宮大麻・神社大麻)をお納めした状態でお返し致します。